2015年8月24日

あると便利で楽しい?生活に役立つキッチン雑貨3種類!

意外と困るバターの扱い

殆どのバターは、銀紙に包まれていて、専用容器に保存しますよね。必要な時に必要な量を切り分ける場合もあれば、最初に全部切ってしまってから、と言う方もいるでしょう。そんな時に、切るのも保存するも1つでこなしてくれるアイテムがあります。バターをトレイに置き、ワイヤーでさっくりとカット。ひと切れあたり5g程度に切り分けてくれるので、料理にも使いやすく、ホットケーキにも写真でみるようなバターを使用できます。ワイヤーはそのままなので、戻す時にバターが崩れる心配もなく、後は蓋をすれば保存できるバターケースはお勧めです。

綺麗な油で美味しいてんぷら作り!

てんぷらを始め、揚げ物には油が重要です。酸化して茶色くなってしまった油で料理をすると、出来栄えが黒くなるだけでなく、味も食感も変化します。しかも油を大量に利用するのに、2回使用すれば色が変化するので、勿体無いと思った事はありませんか?そんな時は油ろ過器の登場です。使い方も非常にシンプルで、使用後15分から30分おいて完全に冷めた油を、ろ過器の入り口に注ぐだけ。あとはろ紙やフィルターを通って、濁った油も透明な油に生まれ変わります。各メーカーから発売されており、油の節約にとても役立ちます。

壁掛け収納を活用しよう!

キッチン周りと言うのは、どうしても物が多くなってしまいます。調味料や調理道具、料理で使う細々とした物。普段使いのコップなども手の届きやすい場所に置いている場合があるかと思います。どうしても周囲に道具が散らばり、片付ける場所が無い、と言う場合には、壁掛けタイプの収納を利用するのが良いでしょう。冷蔵庫の側面に専用ハンガーをセットし、キッチンペーパーやアルミホイルなど、横長の物を収納します。壁に設置したステンレスネットにお玉やヘラをかけのも良いですね。100円ショップでも販売されているこれらを活用する事で、キッチン周りがすっきりと片付きます。

キッチン雑貨とは細々としたものがたくさんあり、機能とデザイン性を兼ね備えたものが、たくさんあります。