2015年8月23日

時計は時計でも「機械式時計」ってなんだろう?

機械式時計の基礎知識

私たちの生活の中でも欠かせないもの。それは時計です。時を正確にに刻んでくれるなくてはならないものです。今現在の世界中の時計のほとんどに電池や電気が用いられていますが今から約40年前頃にはぜんまいで動く時計が主流でした。そのため職人が1つ1つ丁寧に手作業で作っていたのです。ぜんまいをまくと歯車が回り、時計が動き出す仕組みになっている時計を一般的に「機械式時計」と言います。手作業で作られていたため相当細かい作業で相当な苦労があったことでしょう。

機械式時計の同じスピードで時を刻む仕組みについて

機械式時計の主な原動力はぜんまいです。さて、歯車が同じスピードで回転し続ける仕組みはどのようになっているのでしょうか。この仕組みは「調速機」と「奪進機」がカギを握ります。調速機は「ヒゲゼンマイ」の伸縮によって「テンブ」による輪が規則正しい回転運動を促使用な仕組みになっています。脱進機は「カンギ車」と「アングル」という部品によって構成されています。このように時計の内部構造は複雑ですが機械式の時計は人の手で一つ一つつくられているため人の温かみが詰まっているように思います。

機械式時計の魅力を大解剖!

電池や電気、電波で動く時計が主流となってきている今日この頃。機械式時計が少なくなてきています。ぜんまいをまかなきゃいけないし、なかなか面倒…そんなあなたに機械式時計の魅力についてご紹介します!機械式時計の中身を見たことはありますか?細かいパーツが一つ一つ組み込まれていて人の手で作られていることが信じられません!芸術的な作品を見ているかのような印象です。ほんの数ミリのパーツをピンセットと虫眼鏡を使って慎重に組み立てるその作業は圧巻です!

時計は上手に使えば一生ものになる良いアイテムです。そんな時計にグランドセイコーを選びたいのなら、專門の通販ショップを利用してみると安く手に入れることができます。